「表現」を創作するということ

代表の松本です

 

表現を仕立てる ” という意味をこめた「アートクチュール」という名

 

ヒトそれぞれが 自分自身の人生において 「何か」しら創造して表現出来れば シアワセと常にご縁があるものだと信じているがゆえ このような名前にしています

 

「表現」は

・おもい

・感性

・感情

これら3つが合わさって創造されるものです

 

創造するにあたり 創作しようという「意(こころ)」が起きること

 

「意」によって 創造されたのが

「モノ」であるなら 作品 となり、

「ヒトの性質」であるなら 生き様 です

 

私は個人的に「生き様」ほど美しいものはないと思っています

 

「そのヒト丸ごと」が 創造作品 となります

 

「意」が起きるための材料は揃っていますか??

 

「意」を整えていますか??

 

ご相談に乗れることがありましたら お氣軽にメールでお寄せください

 

「何か」の 意 が動き出す感性が機能するだけで「生き様」は美しくなります

 

画像はアートクチュール協会代表 松本の著書『からだじゅうの首をゆるめると内臓が若返る』の「5首ゆるめ」を 現在発売中『からだにいいこと 3月号』P56 〜 57にご紹介頂いています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。